トラリピ(FX自動売買)している投資家の実績はどのくらい?

マネースクウェアジャパン 実績

投資家の約6割以上がもうかるといわれる株式会社マネースクエアというFX会社のサービスであるFX自動売買「トラリピ」。
「8割の投資家が負ける」「3年以内に9割が退場する」と言われる中で、トラリピの勝率は圧倒的です。

私も実際、手動でトレードをしていますが、プラスの月もあれば、マイナスの月もあったりと不安定です。
FXのスキルを上げるために手動でのトレードをしていますが、一方トラリピの成績はというと、月ごとの利益にはバラつきがあるものの、ずっとプラスできています。

実際、家事や育児で、パソコンにはりついてトレードすることは現実むずかしい状況にあります。
トラリピなら、設定さえしてしまえば、外出しようが、寝ていようが、チャンスを見つけてトレードしてくれるので、利益ゲットのチャンスをのがしません
私は2007年からFXを始めましたが、メンタルが一向にきたえられません(笑)
すぐに相場の動きで一喜一憂してしまうので、トラリピのように機械的にガンガン運用してくれるシステムが相性が良かったようです。

手がはなせないときでも、しっかりと利益チャンスをのがさないで、資産を増やすことができる最短のシステムです。

トラリピをまだされてない方も興味のある方がかなり多いので、まずはトラリピがどうしてここまで支持されているのか、データを見ながらご紹介したいと思います。
果たしてトラリピができるマネースクエアは信頼できる会社なのか?注目です!

マネースクエアの顧客の実績

公式サイトを見てみましたら、直近のデータが公開されていなかったので少し前のデータになりますが、2013年、2014年ともに、プラス口座の割合は6割をこえています。
「8割の投資家がマイナス」とくらべると目を見張る水準です。

≪マネースクエアの顧客の実績≫
マネースクウェアジャパン 評判

一方、2014年末の時点で、マネースクエアで取引する投資家全体の損益状況を見ると、実現損益(スワップ含む)ベースでは、16か月連続でプラスを記録していることがわかりました。

自動発注管理機能「トラリピ」が使えるのはM2Jだけ!

「トラリピ」は、特許取得ずみの発注管理機能ですので、マネースクエアでしか取引できない手法です。
多くの投資家に「トラリピ」が支持されていて、その手法を生み出したマネースクエアの投資に対する姿勢が社会の信用を集めています。

3年以上取引を継続している投資家が約5割!

2014年12月にマネースクエアで取引をした投資家のうち、約45%が3年以上取引を継続しているという事実があります。
それだけトラリピが長く使われているということですよね。

≪トラリピの進化年表≫
M2J 評判

そして、2014年12月末に「60か月連続預かり資産増加」という記録も、トラリピに対する投資家の注目度が高いことをしめしていると思います。
トラリピをする人、したい人が5年にわたって増え続けている証拠です。

ここ最近では、トラリピの利益を最大限にねらっていく機能「決済トレール」やトラリピに向いた通貨ペア「トルコリラ円」の取り扱いをスタートしたりと、トラリピの投資戦略がどんどん進化しています。

大切な資産を預け、そして長期間にわたって運用するには、心から信頼できる会社でないといけませんよね。
株式会社マネースクエアというトラリピを運営している会社も総体的に見ても、とても信頼できる会社だと思っています。

ここまで多くの人がトラリピで成果をあげていて、かつ今もどんどんトラリピ人口が増加しているといいます。
1000通貨での運用ができるので、最初に投入する資金が少なくてもできるところも良心的です。

自分の時間を優先しながら運用できる実績のあるトラリピで、今の生活をもっと豊かにしていきましょう。

>>マネースクエア 公式サイト


【この記事を読んでいる人はこんな記事も合わせて読んでいます】
評判のトラリピで初心者でも月5万~10万利益を出す可能性のある上手な設定方法、攻略法、やり方
トランプ相場のような乱高下を自動売買「トラリピ」で稼ぐ攻略法





サブコンテンツ

このページの先頭へ