FX初心者向け通貨は「米ドル円」!効率的に稼ぐ方法


【FX初心者向けの通貨「米ドル円」で効率的に稼ぐ方法】

FXはじめてアヒル
口座開設完了~!
さっそく取引スタートっ!!!といきたいんだけど・・・
はじめてFXで取引するときって、どの通貨がいいの?
麗子
口座開けたら、1秒でも早くトレードしたいですよね~!
結論から言うと、ズバリ初心者さん向けの通貨は「米ドル円」です!

FXが初めてという方、まだあまりトレードに慣れていない方は「米ドル円」の売買から始めることをおすすめします😊

情報量が多い
・動きがゆるやかなので、買ったとたんにいきなり暴落するリスクがほかの通貨と比べると小さい

からです。
こちらのブログ記事では、

・米ドル円のスプレッド(手数料)が安いFX会社
・米ドル円のスワップが高いFX会社

をまとめてみました。

手数料が安くて、スワップが高い会社を選んで、1円でも手数料が安くて、1円でも多いスワップをゲットしましょう~♬

米ドル円 スプレッドが安いランキング

FXはじめてアヒル
オトクに米ドル円が売買できるFX会社はどこか教えて!

米ドル円のスプレッドはどこが一番安いのか、初心者向けの口座で比べてみました✨

FX会社 米ドル円
スプレッド
売買手数料 最低取引単位
 SBIFXトレード
0.27銭原則固定
無料
1通貨
外為ジャパン
0.3銭原則固定
無料
1000通貨
セントラル短資FX
0.3銭原則固定
無料
1000通貨
DMM FX
0.3銭原則固定
無料
1万通貨
GMOクリック証券
0.3銭原則固定
無料
1万通貨

1通貨、約4円から売買できる「SBIFXトレード」が一番スプレッドが安いです♡
他のFX会社とのスプレッドの差が0.03銭でも、売買の回数が多くなると、積もり積もってその差が大きくなってしまいます。
超短期、短期など、売買の回数が多くなる場合は、スプレッドが少しでも小さい会社を選ぶといいですよ^^

米ドル円のスワップが高いFX会社を選ぶ

私的にはこれが一番おすすめのスタイルです♡
最近は米ドル円のスワップがとっても高いので、米ドル円の「スワップ運用」をおすすめしています。

どれだけ貯まるかといいますと・・・

【1万通貨の米ドル円を持っていた場合】
1日平均60円のスワップが貯まりますので・・・
1か月で・・・

スワップ約60円×30日=1,800円

1年だったら・・・

1か月1,800円×12か月=21,600円~!!!


なんにもしなくても、約2万円以上が毎月あなたの口座に入金されることになります✨
どんな大きな銀行に預けても、よっぽど大金を預けていない限り、1年でここまで利子が貯まることはありませんよね😊

FXはじめてアヒル
長期間預けるし、どうせ預けるなら、スワップが高いほうがいい!

ということで、米ドル円のスワップが高いFX口座を比較してみました~!

米ドル円 スワップランキング

FX会社 1日スワップ
(1万通貨)
1か月貯まる
スワップ
1年間貯まる
スワップ
 SBIFXトレード
62円
1,860円
22,320円
GMOクリック証券
62円
1,860円
22,320円
FXプライムbyGMO
55円
1,650円
19,800円
外為ジャパン
52円
1,560円
8,720円
DMM FX
52円
1,560円
8,720円

スプレッドが安くて、スワップも高いのは・・・こちらも「SBIFXトレード」!!!
GMOクリック証券は、1万通貨からの取引になります。
1通貨から取引できるSBIFXトレードでしたら、「手数料がどこよりも安く」「少ない資金で」「リスクをおさえながら」売買できます♪

トレードもスワップ運用も初心者さんでしたら、まずはSBIFXトレードの口座をお持ちになっていると、練習にもなりますし、あとでとても重宝すると思いますよ~😊

SBIFXトレード 公式ページ>>


米ドル円をおすすめする理由

価格の上昇&下落がわかりやすい

経済大国であるアメリカと日本の通貨同士のペアなので、取引量がものすごく多いです。
そのため、両国の経済的な要因によって、わかりやすくて明らかなトレンド(流れ)が発生しやすい傾向があります。
私もアメリカの月に一番大きな経済指標のときは、必ずトレードするようにしています。
これから円安になるのか、円高になるのか、事前の結果発表によって、大きく動きます。
初心者さんでも、動きが読みやすいぶん、トレードもしやすいと思います。

突発的な動きが起こりにくい

取引量がおおいことで、一気に値が変わることが起きにくく、上がる場合も下がる場合も、ゆったりと着実にうごいていきます。
値動きがゆっくりなのは「安心してトレードできる通貨ペア」といえます。

注目度が高くて情報が多い

ふだん見ているニュースでも、日本はもちろん、アメリカのニュースってよくやっていますよね。
わりと簡単にアメリカのニュースが手に入るので、重要な情報を見逃しやすいです。

日本人が一番好きな通貨ペア

米ドル円は、日本人が一番好きな通貨ペアですし、世界で見ても2番目に取引量が多いんです。
値動きがゆるかやで、経済指標などの相場が動く材料があると、その分だけ動くことが多いので、どちらかというと初心者向けです。
情報量もおおいので、FXになれるには最適な通貨ペアです。

スプレッド(手数料)が安い!

米ドル円は、どこのFX会社でもほかの通貨と比べると手数料が安いことが多いです。
ですので、スキャルピングやデイトレ、スイングトレードのほうな短期売買など自分の好きなトレードスタイルでトレードできます。

「通貨ペア」ってなに?

「通貨ペア」とは、FXで取引する通貨の組み合わせのことです。
FXでは、いろんな通貨の組み合わせを「通貨〇/通貨◆」のような形であらわします。
これは、

「通貨〇を1単位手に入れるには、通貨◆がどのくらい必要か」

という意味なんです。
っていっても、いまいち意味がわかりませんよね?

FXでは、アメリカのドルだけ買う、とか
日本円だけ買うとか、
ひとつの通貨を売り買いしません。
(ひとつの通貨を売買するのは「外貨預金」です)

FXでは、「ドルと円」「ユーロとドル」のように、ふたつの通貨で取引します。

いちばんオーソドックスな組み合わせが「米ドル円」です。

米ドル/日本円=100円
⇒米ドルを1ドル手に入れるには、日本円が100円必要

という意味です。

先に表示される通貨を基準として、あとにくる通貨の価値を示します。
ドル円の場合は、
1ドルの交換価値が日本円でいくらになるか
ということをあらわしています。

「円安」「円高」ってどういうこと?

ニュースで「円安」「円高」という言葉、よく耳にすることがあるとおもいます。
「1ドルいくら」として報じられますが、この金額が大きくなっているのに、なぜか円「安」だったり、円が高くなったのが悪いニュースみたいに報じられることに「どういうこと?」と疑問を持つ方もいらっしゃるかもしれません。

一般的に円高や円安というと、アメリカの通貨である「米ドルに対する価値が高くなっているか、安くなっているか」を示します。

円安とは?

たとえば、1ドル=100円が120円になったとします。
この場合は「円安」です。

どういうことかというと、1ドル=100円なら、100円を売って、1ドルを買えます。
その後、120円になると、1ドルを買うのに必要な円が20円もふえますので、ドルに対する円の価値が下がっていることになります。
このため「円安」といいます。

「円高」とは?

逆に100円が80円になると、1ドルを買うのに必要な円が少なくてすみますので、円が強くなったことになります。
これを「円高」といいます。

100円のときにドルを買っておいて、101円で売ることができれば、1円の利益をだせます。
こうした為替変動を利用して利益を得るのがFXです。

【円高】
円ががり、外貨ががること
【円安】
円ががり、外貨ががること
麗子
円高か円安か、それともドル高かドル安か、考えれば考えるほどわからなくなっちゃう・・・私も最初はそうでした。
覚えるのは簡単です。
実際に自分のお金でトレードして見ましょう。
そうすれば、嫌でも覚えます。

最初に覚えたいのは「米ドル円」のトレードです。
FX初心者は、慣れるまでは米ドル円である程度経験を積んでから、ほかの通貨で運用することをおすすめします。

LINE@限定情報 配信中です♪

「元証券会社OL」「FP技能士」主婦の麗子が、FX初心者さん向け必勝法、
おうち稼ぎで月10万円稼ぐ裏ワザやLINE@限定情報をお届けします😊
@reiko24」でも検索できます。
ぜひお友だち登録、お願いします♪
おうちで稼いでさらにHappyな毎日を送りましょう~!
微力ながらサポートさせていただだきます^^

友だち追加





 

サブコンテンツ

このページの先頭へ