スプレッド比較で一番安い手数料のFX口座まとめ♡利益を確実に稼ぐためのポイントとは?

スプレッド比較 fx

FX口座を選ぶときに一番大切なポイントは「スプレッド」です。
こちらのブログ記事では、各FX会社のスプレッド比較と、利益を1円でも多く稼ぐために必要な「1円でも多く稼げるFX口座の選び方」についてご紹介しますね。

麗子
少しでも利益を多くするための秘訣は、ただスプレッドが安い会社を選ぶだけ・・・じゃないんです♡

FXの「スプレッド」とは?

スプレッドとは、トレーダーが金融機関に払う手数料のようなものです。
これは「狭い」「広い」と表現されていて、たとえば「スプレッドが狭い」=「手数料が安い」っていうことです。

【解説】スプレッドって何?
FX会社の利益はズバリ、「スプレッド」です。
スプレッドとは、ある通貨の売値と買値の差額のことです。
「買値」よりも「売値」の方が高くなっていて、単位は「pips(ピップス)」と表されます。
円で表すと、1pipsは1銭(=0.01円)です。
たとえば、1ドルの買値が100.05円で、売値が100.00円の場合、スプレッドは5pips(5銭)ということになります。
FXはじめてアヒル
じゃあ、スプレッドが狭い会社を選べばいいんだね!
麗子
そうです♪まずは、スプレッドが狭いほうが投資家には有利!

トレード回数が多いほど、スプレッドがとても大切になります。
せっかくFXするのですから、1円でも損したくないですよね。
スプレッドは適切にFX会社を選べば、最小限の手数料ですみます♡

取引をするたびにスプレッドが発生しますので、大きな枚数で注文したり、回数が多い場合は、スプレッドの差がすごく大きくなってきます。
たとえば・・・

【1万通貨を1回ドレードした場合】
★スプレッド0.3銭⇒300円
◆スプレッド0.5銭⇒500円
その差200円

【1万通貨を10回トレードした場合】
★スプレッド0.3銭⇒3,000円
◆スプレッド0.5銭⇒5,000円
その差2,000円

⇒トレード回数や取引枚数が多いほど、スプレッドの差は影響大!


もし、スキャルピングやデイトレードを多くやりたい!という方は特にできるだけ狭いスプレッドの会社を選ぶといいと思います。

FX会社スプレッド比較!2018年最新版

FX会社 米ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 NZドル円 南アフリカ
ランド円
SBI FXトレード
1通貨~
購入可
0.27銭
原則固定※
0.39銭
原則固定
0.89銭
原則固定
0.59銭
原則固定
0.99銭
原則固定
0.99銭
原則固定
DMM FX 0.3銭
原則固定
0.5銭
原則固定
1.0銭
原則固定
0.7銭
原則固定
1.2銭
原則固定
1.0銭
原則固定
GMOクリック
証券
0.3銭
原則固定
0.5銭
原則固定
1.0銭
原則固定
0.7銭
原則固定
1.2銭
原則固定
1.0銭
原則固定
ヒロセ通商
1000通貨対応
0.3銭
原則固定
0.5銭
原則固定
1.0銭
原則固定
0.7銭
原則固定
1.0銭
原則固定
1.0銭
原則固定
外為ジャパン
1000通貨
対応
0.3銭
原則固定
0.5銭
原則固定
1.0銭
原則固定
0.7銭
原則固定
1.2銭
原則固定
1.0銭
原則固定
FXプライムbyGMO
1000通貨対応
0.6銭
原則固定※
0.9銭
原則固定
1.8銭
原則固定
1.3銭
原則固定
2.0銭
原則固定
3.0銭
原則固定

※1万通貨以下のトレードの場合

麗子
そしてもうひとつ、必ずチェックしてほしいことがあるんです。それは・・・

約定力が高いFX会社を選ぶ

ということです。

約定力とは、簡単に言うと、注文が成立するまでの速度が速いかどうかっていうことです。
FXは、秒単位で相場が動いているので、ポチっと注文を押してから、注文が成立するまでに時間がかかってしまうと、思っていたのとはちがう値段で注文が成立してしまうことがあるんです。

FXはじめてアヒル
それは困る!
モタモタしている間に損しちゃうってことだよね?
麗子
なので、約定力が高い会社を選んだほうがいいんです♡
【約定力が低いと・・・】
約定力が低い、つまりサーバーの処理能力などの問題で、注文が成立するまでの速度が遅いと、こんなことが起こります。

スリッページ・・・注文した価格からすべってしまい、意図していなかった価格で約定してしまうこと
約定拒否(リジェクト)・・・為替相場の急変動などで、あらかじめ設定した価格の範囲を超えてすべってしまい、約定しないこと

FXはじめてアヒル
つまり、「スプレッドが狭い」「約定力が高い」会社を選ぶといいんだね!

スプレッドが狭い!というのはFX会社を選ぶ大切なポイントですが、約定力も高くないと、スリッページなどで、逆に手数料がふくらんでしまいます。
せっかくなら、とことんコストが安い会社で運用したいですよね。

つまり、【狭いスプレッド】+【約定力が高い】FX会社を選ぶことこそ、FXにかかるコストを最小限におさえることができるのです。

初心者に特に選ばれている「本当にコストが安くてすむ人気FX会社」はココ!

麗子
初心者さん向けの「本当にコストが安くトレードできるFX会社」のポイント
・スプレッドが安い
・約定力が高い
・1000通貨以下で取引できる
・少ない資金でもトレードできる
・操作画面がわかりやすい
・FX情報が充実しているか

これを満たしている会社を選んでみました。
私も毎日愛用している2社です♡
SBIFXトレード FXプライムbyGMO
SBIFXトレード
SBIFXトレード
FXプライムbyGMO[ぱっと見テクニカル]
FXプライムbyGMO
約定力
★★★★☆
高い
★★★★★
とても高い
(約定率100%、スリッページなし
米ドル円スプレッド
0.27銭
0.6銭
売買手数料
無料(1通貨単位も無料)
無料(千通貨単位は30円)
米ドル円の取引にかかる
コスト
(1万通貨売買時の
往復コスト)
27円
60円
最低取引単位
1通貨
1000通貨
最初に必要なお金
約4円~
約5000円~
かしこい使い方
メイン口座として使う
(練習、トレード、スワップ)
サブ口座として使う
(メイン口座で約定できないとき用、情報収集、ぱっと見テクニカル)
詳細
SBIFXトレード
公式サイト
FXプライムbyGMO
公式サイト

「メイン口座」「サブ口座」を使い分けるのが稼ぐコツ!

スプレッド比較 fx
FXで利益を上げている方のほとんどは、3口座以上持っているといわれています。
その理由は「利益を稼げるチャンスを失うリスクをさけるため」です。

・口座をメンテナンスしている間はトレードできません
・サーバーがダウンしてしまったら、せっかくのチャンスにトレードできません

2つ以上口座を持っていれば、片方の口座でなんらかのトラブルがあっても、もうひとつでトレードできます。

メイン口座の使い方

ニューヨーク市場が開く午後9時ごろから回線が混雑しやすく、なかなか約定しなかったり、スプレッドが広くなったりすることが多いです。
約定力が高くて、しっかりと注文した値段で約定できる口座を選びます。
初心者にも特に人気のSBIFXトレードは、「スプレッドが狭い」「約定力が高い」「1通貨から取引できる(少ない資金でもOK)」「スワップが高い」「利用者の満足度が高い」ので評判です。

サブ口座の使い方

メイン口座でのトレードができないときに活躍します。
特に大きな経済指標の発表後は、注文が集中するので、サーバーがダウンしてしまうこともあります。
そんなときは、約定力100%の「FXプライムbyGMO」を使います。
使うことで大きく得する口座です。
メイン口座がメンテナンスをしているときにはトレードで使えます。

SBIFXトレードは、実は情報が少し弱い印象があるんです。コスト的には最高に安いのですが・・・。
FXプライムbyGMOは約定力が100%で、スリッページもありません
情報力ナンバーワンのFXプライムbyGMOの口座を持っていれば、「充実したFX情報」と「ぱっと見テクニカル」も使えるので、一石二鳥です。
2つ口座を持っていても、維持費はかかりませんので、ムダなコストも発生しません。


人気FX会社2口座のかしこい使い方

せっかく2つ口座があるのですから、メイン口座と緊急時のサブ口座という使い方だけでなくて、

・数千円での少額取引用としっかり稼ぐ本気用
・通常のトレード用とスワップ金利用

のように 使い方や状況によって使い分けするのもおすすめです。
私の場合

SBIFXトレード・・・デイトレード用、米ドル円スワップ用
FXプライムbyGMO・・・情報収集、ぱっと見テクニカル、南アフリカランド円スワップ用



と使い分けています。

最初のうちはうまく使いこなせないかもしれませんが、使っているうちに、使いやすい方法が自分なりにできてきます。
どこよりも少ない手数料で確実にFX取引をすることができる環境で確実に利益をものにしていきましょう~😊

SBIFXトレード 公式ページ>>

FXプライムbyGMO 公式ページ>>




サブコンテンツ

このページの先頭へ